閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト
2020年1月16日 ヨハネスブルグ 原田武

DRコンゴ:2019年1月から11月の鉱業生産実績、銅16%増、コバルト18%減

 2020年1月9日付けメディアによると、DRコンゴ中央銀行の発表値として、2019年1月から11月の銅生産量は前年同期比15.9%の増の1.308百万tであった。コバルト生産量82,220tは前年同期比18.3%減、金生産量31,847kgは前年比6.3%の減であった。
 DRコンゴにおける銅生産量について、2019年は増加しているものの、最近のFitch Solutions社の推定によると、GlencoreのMutanda鉱山の休止が影響し、2020年には前年比15%減の1.11百万tになるとされている。

ページトップへ