閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年1月31日 シドニー Whatmore康子

豪:Diversified Minerals社が操業のTAS州Henty金鉱山で坑道陥没事故、作業員1名が行方不明

 2020年1月27日付の地元メディアによると、豪Diversified Minerals社が操業するTAS州Henty金鉱山で1月23日、坑道の陥没事故が起き、鉱業コントラクター企業である豪 PYBAR Mining Services社の作業員1名が行方不明となっている。労働組合Australian Workers UnionのDaniel Walton全国主事によると、坑道で作業員が運転していたローダーの下の地面が15mほど陥没し、これによってできた穴にローダーが落ち込んだという。同主事は、陥没の理由は明らかではないと述べている。翌24日、TAS州警察とPYBAR社は、3Dスキャンと熱画像測定結果について、「ローダーのキャビンは完全に岩石に覆われており、この状況で作業員が生存している可能性は低い」としている。PYBAR社は現在、坑道ローダー回収システムなど専門設備を外部から調達し、事故の対応に当たっている。Henty金鉱山はこの事故のため現在、操業が停止されている。

ページトップへ