閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 鉄鉱石
2020年2月7日 リマ 栗原健一

ペルー:Minera Shouxing Peru社、選鉱プラント拡大を計画

 2020年2月4日付け地元紙によると、Minera Shouxing Peru社は、廃滓選鉱プラント(Ica州)の処理能力拡張を目的とした環境影響詳細調査(EIAD)の修正届が、持続可能環境投資許可庁(SENACE)により承認されたことを明らかにした。
 本プロジェクトでは、Marcona鉄鉱山に加えて他の事業者から買い取った廃滓から、銅、鉛、亜鉛の各精鉱を生産する選鉱プラントに140mUS$を投資し、処理能力を8百万t/年から16百万t/年に倍増することが計画されている。
 プロジェクトは2020年4月に開始され、2022年1月に拡張後の操業を開始し、2037年まで16年間の操業を行う見通しとなっている。平均処理能力は2022年は11.06百万t/年、2023~2025年は10.8~13.6百万t/年となる見通しである。

ページトップへ