閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 クロム コバルト ニッケル
2020年2月13日 ロンドン 倉田清香

スイス:Glencore、2019年の年間生産量を公表

 2020年2月4日付けで、スイスGlencoreは2019年の生産報告書を発表した。銅の生産量は1,371.2千tであり、前年比で82.5千t(6%)減少した。このおよそ半分の40.8千tはAfrican Copper社の資産の関連であり、Mutanda鉱山の規模縮小と一時的なメインテナンスやザンビアMopani社の製錬所の改装による閉鎖による減少をKatanga鉱山での増加(+82.1千t)で部分的に相殺したものである。
 コバルトの生産量は46.3千tであり、前年比で4.1千t(10%)増加した。これは主にKatanga鉱山における増加を反映している。
 亜鉛の生産量は1,077.5千tであり、2018年と同程度である。これは、豪州とペルーにおける鉱山再開による増産の見込みに対し、Kazzinc鉱山における安全上の理由による減少とAntamina鉱山におけるスケジュール上の問題による減少によって大部分が相殺されたことが影響したことによる。
 ニッケルの生産量は120.6千tであり、前年比で3.2千t(3%)減少した。これは主にKoniambo鉱山における、2019年12月のクレーン故障や多数のメインテナンスによる停止を反映している。
 フェロクロムの生産量は1,438千tであり、前年比で142千t(9%)減少した。これは主に、高いエネルギーコストと低いフェロクロム価格を見計らって2019年第3四半期に追加のメインテナンスを実施したことを反映している。

ページトップへ