閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年2月21日 ヨハネスブルグ 原田武

ジンバブエ:鉱山大臣、ライセンス料未払いに伴う鉱業権取り消しを警告

 2020年2月19日付けメディアによると、ジンバブエChitando鉱山大臣は、鉱業権を所有する会社による年間ライセンス料の未払いは2020年1月末時点で約11mUS$になるとし、4月末までは支払い猶予を与えるが、それ以降は権利を失う可能性があると警告した。同国は世界第2位の白金、リチウムの大規模鉱床、金やクロムのポテンシャルの高さで知られるが、外貨不足、電力不足、食料不足など、過去10年間で最悪の経済危機の状況にある。鉱業は、最も外貨獲得に繋がる産業であり、この経済危機の現状を打破するためにも、新規投資家の参入に期待が寄せられている。

ページトップへ