閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年4月6日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:PTFI及びAMNTが新しい銅精鉱輸出許可を取得

 2020年4月1日付け地元メディアによると、PTFI(PT Freeport Indonesia)及びAMNT(PT Amman Mineral Nusa Tenggara)が、2020年3月16日に新しい銅精鉱の輸出許可を取得した。輸出割当量は、PTFIが1,070,000t、AMNTが373,626tで、1年間有効となる。2019年の輸出許可について、PTFIは3月8日に、AMNTは2月21日に期限を迎えており、両社とも輸出許可申請を行っていた。なお、PTFIの2019年の輸出割当量は当初の198,282t(期間内途中で700,000tに増量)、AMNTの同量は336,000tであった。

ページトップへ