閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 PGM(白金族)
2020年4月9日 ヨハネスブルグ 原田武

DRコンゴ:Kamoa-Kakula銅プロジェクト、現場をロックダウンして作業を継続

 2020年4月2日付け加Ivanhoe Mines社の発表によると、開発中のDRコンゴKamoa-Kakula銅プロジェクトについて、周辺コミュニティや都市から現場サイトへの往来を、食料供給や重要な資機材の搬入に限定するロックダウンの状態にし、鉱山建設作業を継続する。Kakula銅鉱山は、2021年第3四半期に生産を開始する予定であり、開発スケジュールへの影響を最小限に抑えるとした。コントラクターを含む3,532名が現場サイトに住み込むことになる。
 また、同社がオペレーターとなる同国のKipushi亜鉛再開発プロジェクトについては一時作業を停止し、坑内水のポンプアップ作業などを行う保守管理状態とする。南アPlatreef PGMプロジェクトについては、南ア政府によるロックダウンに併せて一時的に作業を停止するとした。

ページトップへ