閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
クロム PGM(白金族)
2020年4月15日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:Tharisaクロム・PGM鉱山、ロックダウン中の操業再開の承認を受ける

 2020年4月9日付け南ア・英Tharisa社の発表によると、南アにて操業するTharisaクロム・PGM鉱山(同社74%シェア所有)について、南アのロックダウン中の操業を必要最小限の人数で再開することが、南ア鉱物資源エネルギー省(DMRE)に承認された。南アにて新型コロナウイルス肺炎感染予防に伴うロックダウン実施後、同社は、操業を継続すべく暫定的な最小限の生産計画を作成してDMREに提出していた。経済活動において必須とされる産業において使われる化学製品用クロム精鉱の主要生産者であることから、政府からの承認を受けたという。山元のVoyager Plant(容量300千t/月)に鉱石を供給すべく、従業員の健康と安全を守りつつ、最小限の人数で生産を再開させるとした。

ページトップへ