閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年4月16日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:中堅金生産者Pan african社、ロックダウン中の操業再開の承認を受ける

 2020年4月14日付け南アPan African社の発表によると、同社所有の南ア金山(Evander鉱山を100%所有、Barberton鉱山は84.48%所有)について、ロックダウン中の制限付きの操業再開が南ア鉱物資源エネルギー省に承認された。同社は、年産金量160千ozほどを生産する中堅の金生産者であり、一部坑内採掘があるものの、テーリングの再処理による金回収を行っている。4月末までのロックダウン中は、地上での自動化された操業について、最小の人数で操業するとし、通常処理能力の約70%の処理を26%程度の人員で操業する。

ページトップへ