閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年4月30日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:鉱物資源エネルギー大臣、安全な操業開始手順の確保を業界に強く指示

 2020年4月23日付けメディアによると、南アMantashe鉱物資源エネルギー大臣は、50%規模での鉱山操業再開の準備において、安全な操業開始手順の確保について断固とした指示を出した。操業開始手順には新型コロナウイルス感染予防の手段のみならず、閉鎖された事業の再開時の措置についても盛り込む必要があるとした。最新の災害管理規則に沿って、以下のような規定を盛り込み、労働組合と協議し、再開前に南ア鉱物資源エネルギー省(DMRE)への報告を義務付けた。
・鉱山への立ち入り前に請負業者を含む全従業員を対象とした厳しい審査
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状を示す従業員の検査
・適切な身体的距離
・COVID-19の兆候が見られる従業員に対する検疫施設の提供
・個人衛生プログラムの確立と維持
・フェイスマスクを含む適切な個人用保護具の提供
 今後も必要に応じて業界のための具体的かつ適切な措置の導入を検討するとし、設立した協議フォーラムを通じて関係者がそのプロセスに参加するように呼び掛けた。また、DMREは、鉱山現場について、定期的又は抜き打ちの視察を実施し、ロックダウン規制の遵守状況、新型コロナウイルス感染予防と管理状況、および操業開始手順の監視を行うとした。

ページトップへ