閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ミネラルサンド ジルコニウム
2020年5月12日 シドニー Whatmore康子

豪:Iluka社、COVID-19流行による市場の先行き不透明を理由にジルコンを更に減産へ

 2020年4月29日付けの地元メディアによると、豪ミネラルサンド大手Iluka Resources社は、COVID-19流行の影響によりジルコン市場の先行きが不透明であることを理由に、同社の2020暦年におけるジルコン予測生産量を、2020年4月9日に下方修正した280千t/年から更に110千t減産の170千t/年とする計画を発表した。この減産は、WA州Narngulu鉱物分離施設の設定を調整することで行われるとしている。Iluka社の2020年1~3月四半期におけるジルコン販売量は24.9千tと前年同期から62%減少しており、同社はこの背景について、主要顧客である中国の製陶企業が2020年1月における例年の旧正月休暇に伴う販売減に加えてCOVID-19流行蔓延防止のために同年2月から3月中旬まで完全休業せざるを得なくなったことや、エンドユーザーである欧州のタイル製造業者が同四半期の終わり頃になってやはりCOVID-19流行のために完全休業に入ったことがあるとしている。

ページトップへ