閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
2020年5月13日 北京 塚田裕之

中国:南山アルミ業、2020年第1四半期の純利益は逆転増加に

 安泰科によると、南山アルミ業株式有限公司は、2020年4月28日に第1四半期報告書を公表した。営業収入は対前年同期比0.74%増の49.45億元、税引後純利益は同比15.66%増の2.93億元、経営活動による純キャッシュフローは同比84.97%増の5.20億元、1株あたりの利益は0.02元で、2019年度とほぼ一致した。当期内、主に航空事業や車体事業関連製品の販売を拡大するため研究開発に力を入れたことから、研究開発費用は対前年同期比339.95%増加した。また、インドネシアBintan南山工業団地事業では、アルミナ生産設備取付作業を展開し、第1期分は2020年末もしくは2021年初に生産開始予定、第2期分の権益買収投資も完了した。そのほか、航空・宇宙飛行用高強度・高靭性ハイレベルアルミ合金生産ライン技術改善プロジェクトも試操業を開始する。高性能ハイレベルアルミ箔の生産ラインプロジェクトや自動車軽量化アルミ板の生産ライン技術改善プロジェクトも計画通りに進めている。

ページトップへ