閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2020年5月14日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:Sibir-Polymetally社、COVID-19でKorbalikhinsky鉱山の採鉱場建設工事を中断

 2020年4月23日付けの地元報道等によると、Sibir-Polymetally社(UMMC社傘下のChelyabinsk Zinc Plantが所有)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のため、Korbalikhinsky鉱山(Zmeinogorsk地区)の採鉱場建設工事を中断した。同鉱山では、4月22日時点で39件のCOVID-19感染例が確認され、うち37件がKorbalikhinsky鉱山で作業を実施していた請負企業の従業員、2件がSibir-Polymetally社の従業員であった。
 アルタイ地方産業エネルギー大臣によると、アルタイ地方政府は、同鉱山の操業を一時停止させる意向であった。しかし、操業の性質上、作業の完全停止には危険が伴うため、操業については継続している。
 Korbalikhinsky鉱山は、ロシア最大の多金属鉱床を坑内掘で開発している。鉱床の鉱石埋蔵量は24百万tで、高品位の亜鉛の他、銅、鉛、金、銀が含まれる。

ページトップへ