閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年5月15日 リマ 栗原健一

ペルー:エネルギー鉱業投資監督庁(OSINERGMIN)、ドローンによる大規模鉱山の査察を計画

 2020年5月11日付け地元紙によると、エネルギー鉱業投資監督庁(OSINERGMIN)は、COVID-19に係る国家緊急事態令後、大きく制限された経済再開の第1段階において操業を開始する大規模鉱山に対し、ドローンや硬度計の利用による査察を行う計画を明らかにした。
 OSINERGMINのVelasco鉱業査察部長は、ドローンの高画像の映像から、廃滓堆積場やリーチングパット、ズリ堆積場などにおける安全基準の履行状況確認やリスク特定に必要な情報を入手できるとしたほか、硬度計により土壌硬度(密度)を測定することで、廃滓堆積場などがエネルギー鉱山省(MINEM)の承認した設計書通りに建設されているかを確認することができると説明している。

ページトップへ