閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年5月18日 シドニー Whatmore康子

豪:NSW州計画・公共分野大臣、同州独立計画委員会の認可プロセス期間を最長12週間以内とするよう要求

 2020年5月14日付けの地元メディアによると、NSW州Rob Stokes計画・公共分野大臣は同州政府の独立計画委員会(IPC)に対し、同委員会のプロジェクト認可におけるプロセス期間に関して、公聴会を必要とする案件は12週間以内、公開集会のみを必要とする案件は8週間以内、公聴会も公開集会も必要としない案件は5週間以内とする基準を設けるよう要求した。IPCによる認可プロセス期間は原則、NSW州計画省がプロジェクトの調査報告書であるAssessment Reportを同委員会に提出した日から開始したとみなされる。同大臣は、本基準はNSW州生産性委員会による提言内容とも一致するとしている。IPCは本要求を歓迎し、大臣の期待に沿うよう努力すると発表した。本要求に先駆けて同大臣は、2020年3月に豪Santos社が進めるNarrabri炭層ガスプロジェクトについて、認可プロセスを12週間以内に完了するようIPCに要請していたが、今後は公聴会を必要とする全てのプロジェクトが3か月以内に処理されることになる。

ページトップへ