閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
PGM(白金族)
2020年5月20日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:Implats社のMarula PGM鉱山にて19名の新型コロナウイルス感染者を確認

 2020年5月16日付けImplats社の発表によると、南アMarula PGM鉱山にて、19名の新型コロナウイルスの感染者が検査によって確認され、操業を一時停止した。感染者のうち、14名は作業に復帰する前の事前検査にて陽性が確認された。残る5名は、接触者の追跡において確認されている。2名は東Cape州から戻った従業員であったが、17名は鉱山の地元Limpopo州の出身であった。規則に従い、感染者の隔離等の適切な措置及び関係機関への報告がなされた。Nico Muller CEOは「迅速に感染を発見・隔離した医療関係者をはじめ従業員には感謝する。感染が確認された従業員に対処する準備を十分に整えており、地域の人々の生命と生活を守るために、可能な限りの資源を投入していく。」とした。

ページトップへ