閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年5月21日 北京 塚田裕之

中国:2020年4月精鉱供給不足により精製錫生産が減少

 安泰科によれば、中国の錫精鉱の輸入減及び西南地域の製錬所の減産措置により、2020年4月は精製錫の生産量が前月比10.7%減となった。サンプル企業18社の錫製錬所の合計生産量は、3月の12,203tから10,893tに減少した。中国における新型コロナウイルス感染拡大のピークを過ぎ、製錬所は生産を再開し、下流産業における需要は回復しつつあるが、原材料の輸入が不足しているため、生産の増加が抑えられた。錫精鉱の90%以上はミャンマーから輸入しているが、感染拡大によりミャンマーの錫鉱山の労働者不足の状況が続いていた。年間生産能力が2万tの大手製錬所も技術改善作業を行っており、5月20日以降操業再開予定である。安泰科の推測によると、5月には原料供給が減少するため、生産量が一層減少する見込みである。

ページトップへ