閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年5月22日 リマ 栗原健一

エクアドル:国家緊急作戦委員会、鉱業部門のバイオセイフティ・プロトコルを承認

 2020年5月16日付け地元紙によると、国家緊急作戦委員会(COE)は5月15日、「鉱業部門のためのコロナウイルス予防を目的としたバイオセイフティ・プロトコル」を承認した。これにより、5月15日現在で60%が停止している鉱業の全フェーズが、近日中に操業再開プロセスを開始することになる。
 同プロトコルでは、労働者の移動や鉱物等の輸送、消毒、健康チェック、廃棄物処理その他が規定されており、エネルギー再生不能天然資源省がチリ鉱業省などの協力を得て策定、5月8日にCOEに提出されていた。
 一方、Fernand Benalcázar鉱山副大臣は、2020年に鉱業部門では642~1,109mUS$の鉱物輸出、496~892mUS$の歳入、33,000名の直接雇用と10万名の間接雇用を見込んでおり、プロトコルは、この戦略部門の活動再開に道を開くものであると述べた。

ページトップへ