閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年5月25日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:労働組合NUM、すべての鉱山の一時閉鎖を要請

 2020年5月20日付けメディアによると、鉱山労働者国家連合(NUM)は、Limpopo州におけるすべての鉱山の一時休止を有給の形で行うことを要請している。5月に入りロックダウンのレベルを1ランク下げ、各鉱山が操業を開始している中で、同州の鉱山(Implats社のMarula PGM鉱山、Dwarsriverクロム鉱山など)にて感染者が確認されている。鉱山再開に際しては、厳格な安全衛生措置の実施が不可欠であり、個別に対策を確認することが先決であるとする。国がロックダウンのレベルを下げたことで、包括的に鉱山操業再開させることには反対の意向を表明している。

ページトップへ