閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2020年5月26日 リマ 栗原健一

ペルー:エネルギー鉱山省調査団、Cerro Lindo亜鉛鉱山を視察し衛生プロトコル履行状況を確認

 2020年5月18日、エネルギー鉱山省(MINEM)は、Cauti鉱山副大臣やRodriguez鉱山総局長などによるMINEM調査団が、操業を再開したCerro Lindo亜鉛鉱山(Ica州)を訪問し、衛生プロトコル(COVID-19監視・防止・管理計画)の履行状況を確認したことを明らかにした。
 同鉱山内では、衛生プロトコルに基づく通常よりも少ない人員体制や、食堂・宿泊施設などの改修状況、従業員輸送バスの増便(人数制限設定のため)、複数の手洗い場の設置、鉱山施設入場の際の検温体制、COVID-19専用医務室、隔離エリアの設置などが確認された。
 また同鉱山を操業するNexa Resources社の代表者からは、衛生プロトコルの詳細に関する説明が行われた一方、Cauti鉱山副大臣は、Cerro Lindo亜鉛鉱山はMINEMから最初に衛生プロトコルの承認を得たことから、同鉱山におけるCOVID-19対策の履行確認は重要であるとの認識を示した。
 なおMINEMは、鉱業労働安全・衛生規定に基づき、鉱業活動エリアにおける立ち入り検査を行う権限を有している。これは、エネルギー鉱業投資監督庁(OSINERGMIN)や労働監査監督庁(SUNAFIL)、環境評価・監査庁(OEFA)による監査活動とは別に実施されるものとなっている。

ページトップへ