閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年5月26日 バンクーバー 武市知子

加:中国Shandong Gold社がNU準州にある金鉱山の買収契約を締結

 2020年5月8日、NU準州にHope Bay金プロジェクトを保有する加TMAC Resources社は、約210mC$で同社を売却することで中国Shandong Gold Mining(山東黄金礦業)社と合意した。一株当たり1.75C$で、本発表前の株価に対し30¢程度のプレミアムとなっている。
 買収の成立には3分の2以上の株主の承認が必要で、株主には1%の株式を保有する地元イヌイット団体Kitikmeot Inuit Association(KIA)も含まれている。Shandong社は、TMACとKIAとの合意事項であるイヌイットの雇用やロイヤルティの支払い、地元およびイヌイットが経営する企業との契約を継続するとしており、Hope Bay金プロジェクトのロイヤルティだけでもKIA及びNunavut Tunngavik社はマインライフを通じた合計で400mC$もの収益を計上できると考えられている。

ページトップへ