閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2020年5月27日 シドニー Whatmore康子

ニューカレドニア:Societe Le Nickel社が操業するKouaouaニッケル鉱山の鉱石運搬ベルトコンベアで2件の放火事件が発生

 2020年5月24日付けのメディアによると、仏Eramet社の子会社Societe Le Nickel(SLN)社がニューカレドニアの東海岸で操業するKouaouaニッケル鉱山で同月24日、同鉱山からNoumeaのDoniambo製錬所までニッケル鉱石を運搬するベルトコンベアの2か所で放火事件が起きたことが明らかになった。SLN社はこの放火に対して消火活動にあたり、現在は調査を行っているとされている。Kouaoua鉱山では、2020年4月にもSLN社従業員が男性2名に襲撃されて火傷を負い、襲撃犯が懲役刑を受けるという事件が起きたほか、ここ数年鉱石運搬ベルトコンベアが繰り返し襲撃の標的となっており、操業の存続に懸念が生じている。

ページトップへ