閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年5月28日 サンティアゴ 椛島太郎

チリ:民間大手鉱山会社15社の2019年総利益は前年比22%減の3bUS$

 2020年5月25日付け地元メディアによると、民間大手鉱山会社15社がCMF(Comisión para el Mercado Financiero:金融市場委員会)に提出した2019年の営業報告書に基づく総利益は、前年比22%減の総額3,002mUS$となった。
 このうち、Escondida銅鉱山がトップの1,116mUS$であったが、生産量が減少しただけでなく、石炭ベースのエネルギー契約をキャンセルするために数mUS$を引き当てる必要があり、前年比で34%減少した。次いで、Collahuasi銅鉱山(995mUS$)、Los Pelambres銅鉱山(765mUS$)、Spence銅鉱山(265mUS$)であり、3鉱山とも前年に比べて利益は減少した。これらの利益減少の主な要因は、銅価格の低下(2.95から2.72US$/lb)とみられている。

ページトップへ