閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年5月29日 リマ 栗原健一

ペルー:Vilcaエネルギー鉱山大臣、2020年第3四半期から鉱産物生産量回復の見通し示す

 2020年5月25日付け地元業界紙によると、Vilcaエネルギー鉱山大臣は、経済活動再開の第1段階(大規模鉱山・プロジェクトを含む)に入ったことを受けて、鉱産物生産量は2020年第3四半期から回復に向かうとの見方を示した。同大臣は、2019年にペルーの銅生産量は過去最大の2.46百万tを達成したものの、2020年第1四半期の鉱産物生産量は、亜鉛、モリブデン、鉄を除き全面的な減産となったことに言及し、今後生産回復を目指したいとの意向を示した。
 一方、鉱業活動の再開手続きの大枠の流れとしては「COVID-19監視・防止・管理計画」作成と「COVID-19統合システム」(SICOVID-19)への登録、保健省の指針履行であるとしたほか、第1段階では、大規模鉱山でキャンプ地を有すること、エネルギー鉱山省(MINEM)への月次活動報告(ESTAMIN)を履行していることなどが再開の要件となった旨説明した。
 最後に探鉱活動に関しては、6月に活動再開に係る規則を公布する方針を明らかにした。

ページトップへ