閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2020年6月1日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:複数プロジェクトにおいて高品位鉱化帯を捕捉、各社による探鉱進捗状況

 2020年5月22日付け地元紙は、2020年4月初旬以降、複数の探鉱プロジェクトにおいて高品位鉱化帯の捕捉が発表されたと報じており、以下は各社による探鉱結果の概要である。なお、これらは3月末までに実施された結果であり、現在各社は4月以降制限されていた活動再開に向け準備段階にある。
・Plomosas銀プロジェクト(加GR Silver社、Sinaloa州)
 同プロジェクトではボーリング孔0.7m間で銀換算品位:13,335g/t、1.8m間で同3,092g/t(うち0.6m間で同8,378g/t)を捕捉し、2020年4月上旬から現在までに発表されたうち最大の結果となった。GR Silver社は今後、鉱化帯の広がりを確認するため、かつて採掘が行われていたPlomosas地域周辺においてさらなる探鉱を予定している。
・Las Chispas金・銀プロジェクト(加SilverCrest Metals社、Sonora州)
 同社はBabi Vista鉱床に関する情報を更新し、全長400m、深度200m、幅平均1m、銀換算品位:3,110g/tと発表した。同鉱床において実施されたボーリング調査のうち、高品位部として1.8m間で銀換算品位:11,148g/tが捕捉された。なお、Las Chispasプロジェクトはメキシコ国内で最も収益性の高いプロジェクトとされている。
・Cordero多金属プロジェクト(加Discovery Metals社、Chihuahua州)
 同プロジェクトではボーリング孔1.0m間で銀換算品位:2,153g/t、62.8m間で同217g/t、169m間で同207g/tが捕捉され、2019年9月に開始された第一段階の探鉱プログラムの一部として発表された。なお、同プロジェクトは世界最大規模の未開発銀鉱床であるとされ、鉱物資源量は595百万oz、金、鉛、亜鉛の副産物が見込まれている。
・Columba銀プロジェクト(加Kootenay Silver社、Chihuahua州)
 実施された試掘計10孔のうち6孔で高品位鉱化帯が捕捉され、そのうち1孔では1.4m間で品位:Ag 911g/t(うち0.6m間で品位:Ag 1,585g/t)との結果が得られた。
・Los Ricos銀・金プロジェクト(加GoGold Resources社、Jalisco州)
 実施された試掘計45孔のうち最も優れた結果では、3.0m間で銀換算品位:1,271g/t、11.2m間で同625g/tが捕捉された。
・Santana金プロジェクト(加Minera Alamos社、Sonora州)
 同社は探鉱プログラムの第2フェーズにおいて248m間で品位:Au 0.6g/tを捕捉した。現在進められている探鉱プログラムでは、Nicho地域における鉱体の南東および南方向への広がりの確認を目的としている。同プロジェクトは2020年末に生産開始が予定されている。
・Evelyn金プロジェクト(加Colibri Resource社、Sonora州)
 同社は5月1日に初回の探鉱結果を発表し、ボーリング孔21.9m間で品位:Au 0.14g/t(うち5.05m間で品位:Au 0.37g/t)を捕捉した。

ページトップへ