閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
マンガン
2020年6月5日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:Kalagadiマンガン鉱山のビジネス・レスキュー申請が高裁にて却下される

 2020年6月2日付けメディアによると、南アKalagadiマンガン鉱山(北Cape州)に関し、南ア産業開発公社(IDC)がGauteng州高裁に申請していたビジネス・レスキュー(事業救済)について、緊急性がないとして申請は却下され、商業裁判所での特別審理が勧告された。同申請は、同鉱山の20%シェアを持つIDCが4月29日に提出したもの。同鉱山の負債不履行を回避すべく、事業の立て直しを計るためにビジネス・レスキューの適用を申請していたが、同鉱山の主要シェア(67%)を持つMahile-Nkosi氏は反対の立場を取っていた。IDCは20%シェアを持つと共に、同鉱山に3bZAR(南ア・ランド:180mUS$相当)以上の貸付けを行っている。アフリカ開発銀行も2.9bZARの貸付けを行っているが、双方とも現状は債務不履行の状態になっている。同鉱山は1,153人の従業員を抱え、マンガン品位44%のマンガン焼結鉱(年産量2.4百万t)を生産する。

ページトップへ