閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
カリウム ルビジウム セシウム リチウム
2020年6月9日 ヨハネスブルグ 原田武

ナミビア:Karibibリチウム鉱山・ケミカルプラント プロジェクトのDFSを発表

 2020年5月28日付け豪Lepidico社の発表によると、同社が80%シェアを有するナミビアKaribibリチウム鉱山とケミカルプラントのPhase1プロジェクトについて、DFSを完了した。同プラントではリシア雲母の精鉱の処理を行い、水酸化リチウム4,900t/年のほか、副産物としてルビジウム、セシウム、カリウムを生産する。なお、ケミカルプラントには自社開発の技術L-Max®とLOH-Max®を使う。鉱山の埋蔵量は6.7百万t(品位:Li2O 0.46%、Rb 2.26%、Ce 320ppm)であり、LCE換算で7,000t/年以上を14年間生産する計画。資本投資額139mUS$、C1キャッシュコスト1,656US$/t(LCE)であり、税引後NPV 221mUS$、IRR 31.3%と評価した。2021年5月までに最終的な開発決定が行われる予定。

ページトップへ