閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年6月10日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:Kinross Gold社、Kayenmivaam金鉱床を1.5mUS$でHighland Gold Mining社から買収へ

 2020年6月3日付けの地元報道等によると、加Kinross Gold社は、Highland Gold Mining社(略称HGM、Russdragmet社の資産を管理)からKayenmivaam金鉱床(チュクチ自治管区Anadyr地区)を1.5mUS$で買収する。
 契約によるとHGM社は、同鉱床の開発ライセンスを所有する子会社Severo-Vostochnaya Gorno-Geologicheskaya Kompaniya(SVGGK LLC)の株式100%を売却する。さらにHGM社には、30年間で500千ozを超える同鉱床の金生産に対し、2%のロイヤルティが支払われる。取引は、連邦独占禁止局の承認を経て、2020年末には完了予定である。
 鉱床の売却理由は、チュクチ自治管区におけるHGM社の主要プロジェクトであるKekura鉱床から遠く離れていることにある。売却代金は、Kekura鉱床の鉱業事業所建設とBelaya Gora鉱床(ハバロフスク地方)及びNovoshirokinskoe鉱床(ザバイカリエ地方)における近代化プロジェクト完了に充てられる。
 Highland Gold Mining社は、Valunisty鉱山買収に伴い、2018年にKayenmivaam鉱床のライセンスを取得した。鉱床面積は1,214km2、カテゴリP2予測資源量は金47tである。

ページトップへ