閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
イルメナイト ルチル ジルコニウム ミネラルサンド
2020年6月10日 シドニー Whatmore康子

豪:Strandline Resources社、WA州CoburnミネラルサンドプロジェクトのDFSを更新、経済性予測を上方修正

 2020年6月4日付けのメディアによると、豪Strandline Resources社は、同社がWA州で進めるCoburnミネラルサンドプロジェクトのDFSを更新した。今回の更新は、同社が2020年4月に中国や欧米の3社と締結したオフテイク契約、設備設計の最適化計画、ミネラルサンドの価格や為替レートの新たな予測などに基づき行われ、2019年4月のDFSから経済性が上方修正された。更新後のDFSでは、マインライフと鉱石処理量は前回と変わらずそれぞれ22.5年と23.4百万t/年とされたが、年間平均EBITDAが86mA$から104mA$、割引率8%に基づくNPVが551mA$から705mA$、IRRが32%から37%へと上方修正された。年間平均AISCは、前回のDFSで予測された413A$/tから僅かに増加して418A$/tと試算された。Strandline社は、今回のDFSと同時にAmy-South鉱床に関するScoping Studyも行い、Coburnプロジェクトのマインライフが15年間延長される可能性があるとしている。

ページトップへ