閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2020年6月15日 シドニー Whatmore康子

豪:WA州Port Hedland港の貿易額が64.1bA$となり今後10年間で更に26.2bA$増加する見通し

 2020年6月10日付けの地元メディアによると、鉄鉱石輸出港であるWA州Port Hedland港の2018/19年度における貿易額が64.1bA$(豪州のGDP:1.9tA$の3.4%)となり、今後BHPや豪Fortescue Metals社などPort Hedland港を利用する鉄鉱石・鉱物資源企業が生産量を拡大することにより、2028/29年度には更に26.2bA$の増加が予測されることが、Port Hedland港のPort Hedland Industries Councilの委託を受けてコンサルタント企業ACIL Allen社が作成した報告書で明らかになった。同報告書によると、生産量拡大により税金とロイヤルティが合計で21bA$増加するほか、5,300名以上のフルタイム雇用が創出される見込みである。Port Hedland港を利用する企業のこの先10年間の鉄鉱石生産量は、合計で2019/20年度に524.9百万tとなり、2022/23年度に547.5百万tとピークを迎え、その後は545.2百万t/年の水準になるとされている。また、同港を利用する企業のリシア輝石精鉱の生産量も増加する見通しで、合計で2019/20年度の180千tから2020/21年度には370千tに増加し、2021/22年度には1.5百万t、2022/23年度以降は平均で1.6百万t/年の水準と予測されている。

ページトップへ