閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類 ジスプロシウム テルビウム ネオジム プラセオジム
2020年6月17日 バンクーバー 武市知子

米:USA Rare Earth社、レアアース分離の実証試験施設をコロラドで稼働開始

 USA Rare Earth社とTexas Mineral Resources社は、CO州Wheat Ridgeのレアアース分離の実証試験施設に必要な許認可を取得したことを受け、正式に稼働することを2020年6月11日に発表した。
 同施設では重希土類(ジスプロシウム、テルビウム)、中希土類、軽希土類(ネオジム、プラセオジム)の3グループに分離予定で、米国内で全種類のレアアースを分離する施設としては、1999年以降で初めてのものとなる。実証試験の最終段階では、高純度のレアアース元素をそれぞれ分離予定である。
 また両社は、米政府により「クリティカルミネラル」と定められているリチウム、ウラン、ベリリウム、ガリウム、ジルコニウム、ハフニウムやアルミニウムといったレアアース以外の鉱物資源の回収にも取り組む予定である。USA Rare Earth社は本取組みに関して、両社が共同で保有し同施設への供給源として30か月以内の商業生産を目指している、TX州のRound Topレアアースプロジェクトの資源量更新及びPFS完成に向けて後押しすると述べている。

ページトップへ