閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年6月17日 シドニー Whatmore康子

PNG:PNG議会、鉱業法と石油ガス法の修正法案を可決

 2020年6月11日付けのメディアによるとPNG議会は、鉱業法と石油ガス法の修正法案を可決した。Marape首相は2019年に就任して以来、PNGで行われるエネルギー鉱物資源開発による利益は、同国にもっと多く配分されるべきとの主張を行っており、両法の修正法案が可決されたことに関しても「投資家が我が国の資源を採掘することを望むなら、我が国はこれに対する正当な利益配分を要求するのみである」とコメントした。鉱業法の修正法案には、鉱業権が失効または無効とされた場合にPNG政府が当該鉱区を取得する権利や、鉱物資源局(MRA)による鉱業プロジェクトの監督強化、仲裁時の準拠法をPNG法とすることなどが含まれる。
 なお、PNG政府は、加Barrick Gold社が中Zijin Mining Group(紫金鉱業集団)社とJVで操業するPorgera金鉱山の特別鉱業権更新申請をめぐり、環境面や社会面での懸念を理由にこれを却下したことで、現在同社と係争中である。

ページトップへ