閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年6月23日 北京 塚田裕之

中国:2020年5月の国内精製錫の生産について

 安泰科が国内18社(総生産能力27万t、国内総生産の90%以上をカバーする)の製錬所の生産統計調査を実施したところ、5月の精製錫生産量は前月比2.9%増の11,207tであった。地域別生産量をみると、西南地域は前月比0.9%増の6,800tで、華東地域は同比11.9%増の3,800t、華中、華北地域の生産量も着実に増加した。華南地域の大手生産企業・華錫集団は、技術改善作業のため5月に生産を停止し、現在も改善作業中である。下半期の需要状況について楽観視はできないものの、いくつかの大手電子端末企業、医療機器、錫化学、輸出用食品の包装等の分野における錫使用量が増加しており、錫生産企業には安定した発注が維持されている。ただし、錫の総需要が回復するには時間を要する見通し。
 5月の輸入原材料の供給は依然不足しており、また、主要錫生産国であるミャンマーの通関再開の時期は6月中旬から下旬に延期される可能性がある。一部の小規模生産企業は現在の生産状況の維持を表明しており、一部の大手製錬所では増産が予定されている。加えて華錫集団の技術改善作業が完了すれば、6月の錫地金の生産量は増加することが見込まれる。

ページトップへ