閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年6月30日 シドニー Whatmore康子

豪:OZ Minerals社、SA州Carrapateena銅・金鉱山におけるブロックケービング採掘への移行による拡張計画のPFSを完了

 2020年6月23日付けの地元メディアによると、豪OZ Minerals社はSA州で操業するCarrapateena銅・金鉱山を、現在のサブレベルケービング採掘からブロックケービング採掘に移行して拡張する計画のPFSを完了した。PFSによるとブロックケービング採掘の対象は、Oz Mineral社が2025~2027年に1.2~1.3bA$を投じて開発予定のBlock Cave 1とBlock Cave 2で、それぞれ2026~2037年と2038~2045年に採掘予定とされている。これにより同鉱山の鉱石採掘量とCu・Auの生産量は、2021~2025年のサブレベルケービング採掘による4.7~5百万t/年、Cu 70千t/年・Au 85千oz/年から、Block Cave 1で12百万t/年、Cu 110~120千t/年・Au 110~120千oz/年となり、その後Block Cave 2で8百万t/年、Cu 45~55千t/年・Au 45千oz/年となる見通しである。PFSでは、同鉱山の鉱石埋蔵量はブロックケービング採掘の計画によって91百万t(Cu換算品位:2.0%)から220百万t(Cu換算品位:1.3%)に上方修正されたとしている。尚、OZ Minerals社は本拡張に関するFSを2021年後半に完了予定である。

ページトップへ