閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2020年6月30日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:製精錬事業者協会AP3Iが国内へのニッケル鉱石販売価格下限設定に反対

 2020年5月26日付け地元メディアによると、5月25日、インドネシア製精錬事業者協会(AP3I)のPrihadi Santoso会長は、5月13日付けで施行されたエネルギー鉱物資源大臣規則2020年第11号の国内製錬会社へのニッケル鉱石販売価格の下限設定について、鉱石を生産する鉱山側に有利な価格設定になっているとして、設定に反対していることを明らかにした。一方、鉱山事業主中心の団体であるインドネシアニッケル鉱業協会(APNI)のMeidy Katrin Lengkey事務局長は上記規則制定時より、法的に価格の確実性を担保しているとして賛意を示している。このため、政府(海事投資調整府、エネルギー鉱物資源省、産業省)は解決策を探っている。従って、本規則によるニッケル鉱石販売価格設定はまだ完全な実施には至っていないとのこと。

ページトップへ