閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他 ニッケル
2020年6月30日 ジャカルタ 南博志

フィリピン:2020年第1四半期の金属総生産額が前年同期比11%減少

 2020年5月24日付け地元メディアによると、フィリピン環境天然資源省鉱山地球科学局(MGB:Mines and Geoscience Bureau)は、2020年第1四半期の金属生産額が前年同期比10.7%減の24.86bPHP(フィリピンペソ:約534.5億円)となったことを明らかにした。同国では既に新型コロナウイルス感染拡大の影響が大きく、これによる鉱山採掘の混乱が主要因としている。ニッケルの生産額は増加したものの、金、銀、銅の生産額が減少した。また、Oceana Gold社のDidipio金鉱山が地方自治体・中央政府との財政的及び技術的支援契約更新問題により、生産を中止していることも大きな影響を及ぼしている。

ページトップへ