閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年7月1日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:極東・北極圏開発基金、Nezhdaninskoe金鉱床の電力インフラ建設に投資へ

 2020年6月22日付けの地元報道等によると、極東・北極圏開発基金(FEDF)は、Nezhdaninskoe金鉱床(Polymetal Int社が開発中、サハ共和国(ヤクーチア)Tompo地区)のための電力インフラ建設に5.5bRUB(ロシア・ルーブル)を投資する。資金の使途は変電所及び110kV高圧送電線(延長254km)の建設であり、2020年6月19日に極東の社会経済発展に関する政府委員会の幹部会で承認された。
 現在、Nezhdaninskoe鉱床では採鉱場と浮選プラントの建設が行われており、同プラントからの金精鉱はAmursk hydrometallurgical plantでドレ合金に加工される。浮選プラントは2021年に操業が開始され、同年第2四半期のフル操業を予定している。

ページトップへ