閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年7月3日 サンティアゴ 椛島太郎

チリ:CODELCO労働組合はAntofagasata州にある鉱山の操業停止を求める

 2020年7月1日付けLa Tercera紙は、CODELCO労働者連盟(FTC)Patricio Elgueta会長の声明として、「これまでにCODELCOが発表した対策(製錬所の操業停止、Calama在住者のみでの操業、Calama空港を利用しない)は十分ではない。仕事場を消毒して、われわれ労働者が通常の作業ができ最低限のサービスが維持できるようにするため、Chuquicamata、Gabriela Mistral、Radomiro Tomic、Ministro Halesにおいて、計画的操業停止を行うようCODELCOに求めている。CODELCOは、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえた労働者の健康管理をほとんど行っていないとして、法的措置を取ることを検討している。」と報道した。

ページトップへ