閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2020年7月7日 シドニー Whatmore 康子

豪:Fortescue Metals社、鉱山操業の新統合オペレーションセンターをパースに開設

 2020年7月1日付けの地元メディアによると、豪Fortescue Metals Group社は、同社の鉄鉱石鉱山操業の新しい統合オペレーションセンター(IOC)である「Fortescue Hive」をWA州パースに開設した。Fortescue Hiveは、同社の既存IOCをさらに拡張した施設であり、2,500m2の敷地内に配属された計画、操業管理、港湾、鉄道、出荷、マーケティングのチームが統合的に管理され、合計330名の従業員により24時間年中無休体制で運用されることとなる。同センター内には、162基のワークステーションと996台のコンピューターモニターが長さ64kmの地下ケーブルで接続され、安全性、確実性、作業効率や経済性を改善するために各チームがより連携して業務を実施する。Fortescue社は2009年、WA州の鉱業企業としては初となる鉱石輸送鉄道の遠隔操作のためのコントロールセンターをパースに設置して以来、先進技術の鉱山操業への実装を進めている。

ページトップへ