閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
PGM(白金族)
2020年7月10日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:鉱山現場に68%の従業員が戻る、新型コロナ感染者数は3,119名

 2020年7月7日付けメディアによると、南ア鉱業審議会は、2020年7月2日時点で鉱山現場にて3,119名の新型コロナ感染を確認、うち21名が亡くなったとした。死亡者数ではPGM鉱山が最も多く10名、次いで金鉱山の7名になる。全鉱山労働者425,112人のうち68%にあたる287,297名が現場に復帰しており、鉱山側は、日々の立坑への入坑の際のスクリーニングと検査の件数(全従業員の5.13%にあたる22,000件実施)を増やして対応しているとした。

ページトップへ