閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2020年7月10日 ジャカルタ 南博志

フィリピン:コロナの影響により2020年のニッケル生産量は減少の見込み

 2020年6月30日付け地元メディアによると、フィリピン・ニッケル産業協会(PNIA)のDante Bravo会長は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により2020年の同国のニッケル生産量が減少する見通しであることを明らかにした。同会長は理由として、世界全体の景気後退により中国のステンレス鋼輸出が減少、それにより鉱石価格が低迷する見込みであることを挙げた。ただし、現時点では中国におけるニッケル鉱石需要が好調で、鉱石価格は前年より高く推移していると説明した。なお、2020年第1四半期のニッケル鉱石の船積み分の生産量は前年同期比27%減の約28千tであったとされている。これら鉱石の最大の輸出先が中国である。

ページトップへ