閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年7月14日 サンティアゴ 椛島太郎

チリ:CODELCO、新型コロナウイルス感染状況

 2020年7月10日付けDiario Financiero紙は、CODELCOの労働組合によって発表された情報として、新型コロナウイルスに感染したCODELCOの労働者(請負労働者も含む)が2,843名であり、8名が死亡していることを報道した。
 各ディビジョンの感染者数は次のとおり。El Teniente 1,044名、Chuquicamata 636名、Vicepresidencia de Proyecto 341名、Radomiro Tomic 214名、Ministro Hales 192名、Andina 180名、Gabriela Mistral 172名、Ventanas 26名、Salvador 24名、CODELCO本社 14名。
 労働組合の説明によれば、鉱山会社は他のセクターなどに比べ衛生危機管理は適正に行われていると説明しているが、CODELCOにおける死者数と感染者は思いがけない数に達しており、決して感染が制御されているとはいえない、としている。また、1か月間で8名が死亡し、CODELCOの新型コロナウイルス対策は失敗であり、社内で蔓延が続き、全労働者の健康と生命を害している、と主張している。

ページトップへ