閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
PGM(白金族) クロム
2020年7月14日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:Tharisaクロム・PGM鉱山、ロックダウンの影響あるも2020年6月末期生産量は対前期比増

 2020年7月9日付け南ア・英Tharisa社の発表によると、南アTharisaクロム・PGM鉱山(同社74%シェア所有)の2020年6月末期四半期の生産量は、2020年3月末からのロックダウン期間と重なりフル操業ではなかったものの、前期よりも良好な結果であった。PGM(6E)35千ozは対前期比9%増、クロム321千tは対前期比3.6%増であった。現時点ではフル操業に入っており、販売や配送はロックダウン以前の状態に戻ったとした。また、次期も同レベルでの生産を維持することを見込んでいる。しかし、2020年9月末までの年間を通じた生産見通しについては、当初のPGM 155~165千ozを130~135千ozに、クロム1.45~1.55百万tを1.25~1.30百万tにそれぞれ下方修正している。

ページトップへ