閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年7月16日 サンティアゴ 椛島太郎

チリ:Candelaria銅鉱山は労働組合に7%の労働者を削減することを通知

 2020年7月14日付けメディア報道によると、Candelaria銅鉱山は5つの労働組合に対して、55歳以上を対象に退職金制度を提供すると通知した。同社は約100名の労働者がこれに参加すると推定しており、これは自社従業員の約7%に相当する。Candelaria銅鉱山は、80%の権益を持つLundin Mining社がオペレーターを務め、残り20%を住友金属鉱山(16%)及び住友商事(4%)が所有する。

ページトップへ