閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年7月16日 リマ 栗原健一

ペルー:Inca One社、PPX Mining社から40千tの金鉱石購入で合意

 2020年7月10日付け地元業界紙によると、Inca One社は、PPX Mining社が操業するIgor金・銀プロジェクト(La Libertad州)の鉱石を購入することで同社と合意したことを明らかにした。本合意において、PPX Mining社は1年間に金品位8g/t以上の鉱石40千tをInca One社のKori One処理プラント(Arequipa州)に供給する一方、Inca One社はPPX Mining社に対して進捗に応じ最大40kUS$を前払いすること、また1年間の供給量が20千tに届かない場合、期間を2年間に延長し、合計80千tの供給を行うことなどが取り決められた。
 なおIgor金・銀プロジェクトでは、現在COVID-19に係る国家緊急事態令発出前の生産レベル回復に取り組んでおり、本合意に基づく鉱石供給は第3四半期に開始される見込みとなっている。またIgorプロジェクトでは350t/日の採掘が許可されており、精測・概測資源量は223千oz、予測資源量は77千ozとされる。またPPX Mining社は、3年前から本プロジェクトの生産を開始したが、処理能力に余裕のある他社のプラントを模索していた。
 一方Inca One社はArequipa州に合計2件の鉱物処理プラントを操業し、2019年には55千tの金鉱石を処理、24,850tの金を生産した。同社のKelly CEOは、今回の合意で供給される鉱石は両プラントのミル処理能力の25%に相当し、非常に重要なものだとコメントしている。

ページトップへ