閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年7月16日 リマ 栗原健一

コロンビア:Zijin Mining社、2020年下半期にBuriticá金鉱山の活動開始を計画

 2020年7月9日付け地元紙は、Zijin Mining社が2020年下半期に計画通りBuriticá金鉱山の活動を開始すれば、コロンビアで最初の中国企業が所有する鉱山となると伝えた。Buritica金鉱山はMedellinから100kmほどに位置し、2020年1月28日、Continental Gold社がZijin Mining社に対して同鉱山を1bUS$で売却することで合意していたと報じた。
 Continental Gold社は2016年に同鉱山の開発のための環境ライセンスを取得した一方、地域のコミュニティと投資家の両方に対し責任あるプロジェクトの実施に向けて取り組むとして、生産の開始には至らなかった。コロンビアでは、特にこの10年間、石油、石炭、ニッケル、金の開発プロジェクトにおいて社会環境問題をめぐる地元コミュニティとの紛争が頻発していたところ、Continental Gold社は、地元のコミュニティからも真摯な対応を評価されている数少ない企業であり、2019年にはAntioquia県庁から表彰を受け、Brújula Mineraでも社会的投資指標の最も高い企業として評価されていた。

ページトップへ