閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年7月17日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:加Endeavour Silver社、Terronera銀・金プロジェクトのPFS結果を発表

 2020年7月14日付け地元紙の報道によると、加Endeavour Silver社はJalisco州に保有するTerronera銀・金プロジェクトのPFS結果を発表し、2018年に完了したFS調査によって同プロジェクトの経済性が高まったことが明らかとなった。同社はAusenco Engineering Canadaと協働で調査を実施し、プロジェクトの再概念化とエンジニアリングの見直しを行い、税引き後NPVは137mUS$、IRRは30.0%、マインライフ10年間の年間平均生産量は銀93.31t(3百万oz)、金1.02t(32,800oz)、AISCは銀1ozあたり2.10US$、CAPEXは99mUS$、減価償却期間は2.7年と発表された。なお、本調査において、銀価格15.97US$/oz、金価格1,419US$/oz、為替1US$=20MXN(メキシコペソ)が基本的見通しとして設定されている。同社CEOは、今回のPFS結果により、Terroneraプロジェクトの経済性が高まったことが証明され、同プロジェクトが今後保有鉱山の中で最も低コストかつ最大規模の主力資産となることが期待されていると述べた。なお、同社は今後12か月間で実現可能性調査を実施予定である。

ページトップへ