閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年7月20日 リマ 栗原健一

ペルー: Kaizen Discovery社、Pinaya銅・金プロジェクトの試錐調査で銅・金の鉱化補捉を報告

 2020年7月14日付け地元業界紙によると、Kaizen Discovery社は、Pinaya銅・金プロジェクト(Arequipa州/Puno州)において1,946mの試錐調査を完了し、銅鉱化に加えて18m間で品位2.54g/tの金鉱化を捕捉したと報告した。
 調査では二次富化帯を示す結果を得ているほか、このシステムが少なくとも6km×2kmの範囲に広がることを物理探査結果から示唆されたとしている。
 また、今回の試錐結果を受けて、Kaizen Discovery社の最大の株主であるHPX TechCo社(High Power Explorationの子会社)の探鉱活動への参加を決定し、同社の物理探査システムを利用して深部のポーフィリーシステムのマッピングを行い、次回の試錐エリアを決定する方針を示した。

ページトップへ