閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
タングステン
2020年7月22日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:Rusolovo社、2020年上期の錫生産量は前年同期比16%増

 2020年7月9日付の地元報道等によると、錫生産企業Rusolovo社(Seligdar社傘下)の2020年上期の錫生産量は前年同期比16%増の1.162千tであった。Solnechnaya選鉱プラント(ハバロフスク地方Solnechny地区)の近代化により生産が増加した。
 同社は、2020年上期に228千tの鉱石を採掘・処理し、前年同期比で採掘量は19%増、処理量は23%増となった。また、2020年上期のタングステン生産量は前年同期比3分の2の42tとなった。減少理由は生産報告書では説明されていない。2020年上期の錫及びタングステンの売上高は前年同期比17%増の1.2bRUB(ロシア・ルーブル)となった。
 同社は2020年の錫生産量を2.783千tに拡大する予定(うち1.526千tはPravourmiyskoe鉱床、1.258千tはSolnechnaya選鉱プラントで生産予定)。6月末までの計画達成率は41.7%となっている。

ページトップへ