閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年7月22日 北京 塚田裕之

中国:2020年6月の自動車市場、回復傾向が継続

 安泰科によれば、全国乗用車聯合会は2020年6月の乗用車市場に関する報告を公表した。新型コロナウイルス感染状況の改善に伴って自動車市場も一段と回復し、同月の中国乗用車の販売台数は前月比2.9%増の1.654百万台となり、4か月連続で販売台数が前月増となった。前年同月比では6%の減少となっており、乗用車聯合会の解析によると、2019年6月は「国5」基準の自動車の販売促進により販売実績がやや増加していた。2020年6月の国内乗用車市場の回復は、政策などによる販売促進の効果といえる。同時にコロナ感染状況の中で、中央部と西部地域に出稼ぎ労働者が一時滞在することで、当該地域での起業や再就職者数が増え、自動車の購入が同地域から広がりをみせることとなる。車種別の販売状況に関して、高級車の販売量は前月比9%及び前年同月比27%としてそれぞれ増加し、市場シェアは過去最高の14.9%に達した。消費志向の高度化により高級車への乗り換えが進んだ。主要合弁自動車メーカーの販売台数は前年同月比7%減、前月比3%増加となった。民族系自動車メーカーの販売圧力は依然大きく、販売台数は前年同期比16%減、前月とほぼ同水準となった。市場シェアは32%と過去最低記録となった。

ページトップへ